嵐の中の大阪セミナー

台風20号が西日本を直撃するかもしれないと騒がれている最中に

エクスマセミナーに行くために新幹線で大阪に向かいました。

前日からJRが20時以降運行ストップと報道されていたので、

エクスマでも急遽、セミナー時間短縮して17時終了の特例措置が取られました。

懇親会の食事もランチに切り替えられ、食事中に

スコットとハッピーのトークショーから始まり、ゲスト講師の講演。

この日のゲスト講師は、エヴァ18期同期のえぐっちゃんとワッツのお二人。

この二人の晴れ舞台を応援するために大阪に行って来ました〜!

 

いつ聴いても心がほわっとする社員思いのえぐっちゃん

3K(きつい、汚い、危険)と言われている業界の100年近く続く土木会社

「江口組」の4代目えぐっちゃん(江口充)。

先代に教わったのは、仕事は厳しいもの、売上を上げることが第一。

どんどん売上が下がって行った時、仕事にも熱が入らず社員とも向き合えなかった。

現場にも行かず、大好きなアルバのカレーを食べることでストレス解消する日々。

20Kgも体重が増えてしまって自分にも自信を失くしていた。

そんな時、エクスマに出会い、どんどん感化されていく。

「仕事のような遊び 遊びのような仕事」

「迷ったらどちらが儲かるかではなく どちらが楽しいかで選ぼう」

それまでとは真逆の考え方に、手探りながらも

SNSを社内に取り入れ、会社案内を変え、自分の行動を変えていった。

地元の学生とツイッターで繋がり、新卒採用に結びつけたり、

大好きなアルバのカレーの発信を続けることでアルバ本社から工事を受注したり、

あれほど否定的だった父親との関係が修復されたりといった

えぐっちゃんの努力の成果が次々と語られる。

いかついパンチパーマが当たり前の会社に若い女性社員を多く雇用することで

社内がどんどん活性化され、今までの常識を打ち破っていく。

かつての3K(きつい、汚い、危険)から江口組のの目指す3K

感動 感謝 貢献

未来を語るえぐっちゃんがとても温かくて、とても輝いていた。

社員に自分の弱さをさらけ出して向き合う誠実さと

その社員に対する愛情が伝わって来る素晴らしい講演でした。

エンドロールのメッセージに私ががむしゃらに頑張っていた時のことが重なり、

涙しちゃったよね。

 

緻密な戦略家 世界に日本の伝統を届けているワッツ

自称ネクラだというワッツ(中村充宏)は、日本の社会で生きづらさを感じ、

海外での経験を基に日本の職人の技を世界に届ける仕事をしている。

ネットショップで日本の包丁を売り始めたけれど、安売り競争に飲み込まれ、

生活できないくらいの年収で、職人さんからもクレームになる。

そんな時、「安売りするな!価値を売れ!」を提唱するエクスマに出会い、

自分に一番向いていたInstagramを活用することで、安売りせずに

どんどん売上を伸ばしていった。

今では、Instagramのフォロワー4万人を超え、包丁の写真や動画をアップ

するだけで、9万円もする高級な包丁がどんどん売れていく。

石川県から全世界に向けて毎日発送されているという。

社員は、パートの女性のみ。

そのパートさんを社員旅行としてハワイに連れて行けるくらいになった。

一見、ちゃらんぽらんに見えるけれど、購入者へのフォローなど心遣いも

素晴らしく、その後のリピーターや新規にも繋がっている。

仕組みづくりの天才!

思ったことを遠慮なく言うワッツは、口は悪いけど実はすっごく愛情深い人。

言いにくいことをハッキリ言うのが自分の役目とわきまえているのか、

エヴァ仲間の間でもワッツには一目置いている。

 

サザンの3曲目の衝撃

この日のエクスマセミナーのオープニング曲は、

サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」

サザンのデビューは当時の世の中では、衝撃的でした。

今何時?そうね、だいたいね〜♪   ですよ(笑)

誰もが、なんだこれ?と思ったことでしょう。

2曲目は「気分次第で責めないで」 デビュー曲とほぼ同じ路線。

そして、3曲目があの名曲「いとしのエリー」です。

前作2つは新しい過ぎて、常識から逸脱していましたが、この曲は

メロディも歌詞も正統的なもの。美しいバラードでした。

今まで批判していた人たちも含めて、誰もが認める大ヒットになりました。

一躍サザンオールスターズの名前が日本中に知れ渡った。

まるで「正統的な音楽もできるんだもんね〜」と言っているような、

「いとしのエリー」

常識から逸脱するためには、その逸脱するべき常識を知らなければ、逸脱はできないのです。

〜スコット(藤村先生のブログより)〜

サザンオールスターズ、デビューの衝撃|大阪エクスマセミナー

 

今までの常識にとらわれていては成功できない

二人のゲスト講師のように、今まで自分が生きてきた世界の常識。

それを知って、もがき苦しんだ上でエクスマに出会い、

真逆の発想をしたからこそ今の成功がある。

時短の中でのサザンを用いての今回のまとめに妙〜に納得してしまいました。

まずコツコツやってみて、基本を踏まえた上で新しいことを取り入れてみる。

失敗しても成功してもそれが体験となる。

自分の一番大切にしたいものさえブレなければ、届けたい人に想いは届く。

自分の一番大切にしたいもの。

それは、社員だったり、スタッフだったり、家族だったり。

まず、自分の身近な人からだよね。

エクスマって、マーケティング塾なんだけど、スキルやノウハウではなく、

自分ととことん向き合うことを否応なく突きつけられ、

人として大切なことをみんなが気づいていく。

だから楽しく成功する人が続出してるんだよね。

みんな素晴らしい経営者&誇らしい仲間たち。

主催者側は、いつも覚悟と決断を迫られる。

そんな時にどうするか?

仲間の講演を応援しに行った大阪セミナーだったけど、

台風直撃という突発的な主催側の対応についても勉強になりました。

過去に語り継がられる歴史に残るセミナーだったかもね(笑)

えぐっちゃん、ワッツ、お疲れ様でした!

 

あなたの価値を仕事にする!プレミアムお茶会12

コトリスメルマガの読者登録はこちらから

投稿者プロフィール

cotolis
cotolis
自分らしく輝く女性を応援するコトリス代表 関根貴代美です。
イベント企画運営、起業コンサル、セミナー講師をしています。
コトリスでは、笑顔になって生き生きと輝く女性を応援していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA