1年がかりのミッション〜薔薇の花束を君に贈る〜

1年前にコトリスで主催したエクスマセミナー。

コーチング界の第一人者、京都造形芸術大学教授 本間正人先生

参加してくださいました。

セミナー後の懇親会では、一人ひとりにコーチングをしてくださって

本間先生のところに行列ができた程でした。

 

花束を自分に贈りなさい。

本間先生から私に与えられたミッション。

不意打ちの強烈アドバイスにビックリ!感極まってウルっときてしまった私。
でも、花束を自分に贈るって簡単なようで簡単ではなかった。

何故だろう???

誰かへのプレゼントは簡単にできるのに。

お花のレッスンでは何のためらいもなく支払えるのに。

誰かからのプレゼントは抵抗なくもらえるのに。

自分に贈る。

コトリスの創立記念、誕生日、人生の転機になった日。

何度もチャンスはあったのはずなのに、これがかなりハードルが高いのです。

 

まだ贈ってないの?

「せっかく本間先生にアドバイスもらったのにもう1年も経っちゃったじゃん!」

エクスマセミナーに参加してその経緯を知ってる息子が言った。

「花のない花屋さんでオリジナルの花束を作ってもらうの。

それが似合う自分になったら・・」

そう答えた私に息子は言った。

「お母、それは未来のお母だよ。本間先生が言ったのは過去の自分に

感謝の気持ちを込めて贈りなさいって意味じゃないの?

今までできなかったことをやってみたらきっとあなたはもっと良くなるよって

ことなんだと思うよ。

向上心があるのはいいことなんだよ。

でもさ、過去の自分を認めてあげてからなんじゃないの?」

 

・・・!?

 

 

過去の自分を認める

最近の息子の言葉は、あなた何者〜!と思うようなことばかり(笑)

そんな話をしているところへ、エクスマ仲間であり埼玉のお花屋さん

ヨコちゃんからメッセージが来たんです!?

(ヨコちゃんとは一度しか会ったことなく、普段のやりとりもしてないのに!?)

何?このタイミング!?

ミッションを遂行するために、まるで用意されたようなシナリオ!

しかも8月10日はコトリス3周年記念イベントをお客様が企画してくれる

特別な日。この日に贈ろう!自分に花束を!

 

人生のパートナーに贈る花束

薔薇の花の数を30本にするか40本にするか50本にするかそれ以上か・・

私が迷っていたら、また息子が助言してくれました。

「自分に贈るって考えるんじゃなくて、ずっと一緒に苦楽を共にしてきた

パートナーとしての関根貴代美さんに贈るとしたら何本にするのかって話だよ」

そっか〜!そういう風に考えればいいんだ〜!

私が、関根貴代美さんに花束を贈るとしたら・・・。

こんなイメージです。

40本のイメージ画像はなかったですが。。。

決断して発注した後、ドキドキ鼓動が高鳴り不思議な感動が生まれました。

ああ、こういうことなんだな〜

自分を大事にするってこういうことなんだー!

値段とか効率とか損得とか考えずに、自分の心を自分で喜ばせること。

それをしてみなさいってことだったんだな。

1年以上経ってやっとここまできたんだ。

簡単なことなのに、なんだかんだ言い訳をしてやらないできてしまった。

あの時、本間先生に言われて確かに心が動いたんだ。

やっとミッション遂行します!

 

さて、私は何本にしたのでしょうか?

それは、8月10日のお楽しみにしましょう。

ぜひ、コトリスのお祝いと共に薔薇の本数を確認しに来てくださいね☆

みなさんは、手ぶらで〜

 

 

真夏の夜の夢☆コトリス3周年お祝い納涼会!

 

コトリスメルマガの読者登録はこちらから

投稿者プロフィール

cotolis
cotolis
自分らしく輝く女性を応援するコトリス代表 関根貴代美です。
イベント企画運営、起業コンサル、セミナー講師をしています。
コトリスでは、笑顔になって生き生きと輝く女性を応援していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA