映画「万引き家族」から見える家族のカタチ

2年ぶりに再会した友人と渋谷でランチした後、

流山おおたかの森で映画『万引き家族』観て来ました。

 

犯罪で生計を立て、犯罪で繋がる家族の物語

「万引き家族」という変なタイトルなのに21年ぶりの快挙となった

カンヌ映画祭パルムドール賞受賞した是枝裕和監督作品。

観た人の前評判もよくどんな映画なんだろうと楽しみにしていた感想は・・・

この子はどうなっちゃうんだろう〜というその後を想像させる

モヤモヤ感が残り(笑)後からジワジワくる作品だった。

福山雅治主演の「そして、父になる」と同じ終わり方。

良くも悪くも見る側の想像を掻き立てる。

貧困と犯罪と絆と愛情。

日本の社会の縮図と家族の在り方についてすごく考えさせられる

映画でした。

観終わった後、トイレに行ったら若い女子2人が話してた。

「結局何が言いたかったの!?」

笑。

確かに。

何不自由ない生活している若い女子には伝わらないかもしれないな。

 

派手ではないけど余韻が残る映画

 

全ての作品に賛否両論あれど、私は良かったな〜

演技が上手いのか、キャラが立っているのか俳優陣がまさに「適役」!

樹木希林の存在感は圧倒的!

寺内貫太郎一家(知ってる?)では、若い頃からおばあちゃん役やってたけど、

正真正銘のおばあちゃんになってからのあの絶対的な存在感はすごい!

リリーフランキーのダメ男だけど愛のある父親役もハマってる!

ダメ男の奥さん役のキレイじゃないけど、味のある演技をしているのは

安東サクラ

俳優 奥田瑛二と安藤和津の次女。

AmazonのCMで小麦アレルギーでみんなと一緒にパンが食べられない

寂しそうな演技が印象的な子役の佐々木みゆちゃんも実親から虐待を受けている

薄幸の女の子を見事演じている。

血は繋がってないけど絆は繋がっている偽装家族と、

本当の親子でありながら、愛情のカケラもない家族。

家族って何だろう?

幸せって何だろう?

地球上に何億万の家族がいたら、それ相当の家族のカタチがある。

 

絆だけでは超えられないものがある


息子が作ったクリームシチュー

先週から静岡にいた息子が実家に戻って来て、我が家も状況が変わった。

大学時代から6年間、一人暮らしをして感じた孤独と寂しさ・・

それはちょっと大袈裟だけど、一人でご飯食べるのが味気なくなっちゃった。

食のリハビリをさせてほしいと、一時帰宅することになった。

まあ〜良く食べる。よくしゃべる。笑 笑 笑

でもね、

息子がいてくれることは嬉しいけれども、子供の頃とは違う。

それぞれのライフスタイルが出来上がってきた時に再度の同居。

気を使う部分も出てくる。

まあ、もって1ヶ月かな(笑)

親子であれど、人格を持った一つの「個」

適度な距離を保つこともうまくいく秘訣。

家族という一つのコミュニティ。

学校、会社、地域というさらに大きなコミュニティ。

日本、外国、などの世界規模のコミュニティ。

それぞれのコミュニティの中で自分はどんな存在であるのか。

 

まず、自分の周りから愛を届けよう。

『世界中の人々の心をつなぎ、愛であふれる世界にする事』

というミッションを掲げているエヴァ同期のワッツ(中村充宏)

世界に日本の包丁を販売している社長さん。

そのワッツが言ってた。

「世界中っていっても、自分の世界ってまずは周りからだから、

そこから1歩づつだな。そして大空へ。そして世界へ。」って。

そうだよね。

まず、自分の周りから愛を届けよう。

「貧困」の意識があるから家族も周りも連鎖していく。

自分の意識を変えること。

自分がまず幸せになることで家族も幸せになり、その周りへ波及していく。

そこから一歩ずつだよね。

映画を観ていろいろなことを感じた。

いや〜やっぱり映画っていいですね♪

 

今日配信したメルマガに写真を入れてリライトしました。

こんなメルマガ書いてます。

コトリスメルマガの読者登録はこちらから

 

 

投稿者プロフィール

cotolis
cotolis
自分らしく輝く女性を応援するコトリス代表 関根貴代美です。
イベント企画運営、起業コンサル、セミナー講師をしています。
コトリスでは、笑顔になって生き生きと輝く女性を応援していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA