選択の基準〜正しい知識と正しい判断をするために〜

食と健康

こんにちは。コトリス関根です。

美容院で週刊誌のこんな記事を見つけました。

「年を取ったら食べ過ぎ厳禁な食品ワースト20」

パンやうどんなどの小麦粉(グルテン)が使われているもの、白米、加工肉、

清涼飲料水、スナック菓子、納豆のタレなど、体に悪いのはほぼほぼ知っていました。

が、え?昆布とひじきまでも?・・・

ひじき!?

記事によると、

食物繊維やミネラルは豊富だが、猛毒のヒ素が微量に含まれており、

食べ続けると慢性的な内臓の機能障害を起こすことがある。

食べるなら週に一度、小鉢一つ分程度に。

猛毒?ヒ素?機能障害?

体にいいと思って食べていたものまでが、そうじゃなかったなんて・・

知らなかったことにショック!

子供たちにも今まで食べさせてきちゃったし。。。

ところが、Facebookにその投稿をしたら、

たくさんの友人がコメントをくれました。

Nさん「これねー大袈裟に煽りすぎだと思うの。

大量に毎食食べれば確かに問題だけど、ひじきに限らずどれもそんなにいっぱい
 
食べられるものじゃないから大丈夫よー」
 
Kさん「昆布やひじきのヒ素はごく微量だから食べすぎなければ大丈夫!
 
断片的な情報に振り回されないで!
 
昔から食べ継がれたものには意味があるのです!」
 
Tさん「その発表は10年くらい前にイギリスで出されて、その半年後に日本の研究機関が調べてる。
 
乾燥ひじきはたしかに他の海藻よりヒ素は含まれてるけど、
 
お湯で戻したら8-9割無くなるから普通の海藻と同じレベルなのでほぼ害はないよ。」
 
Yさん「どんなに体に良いと言われているものでも、そればかり食べたら体をこわします。
 
旬の物で、土地のもの、長年日本人が食べ親しんできた物を、
 
長年食べてきた調理方法でいただく限り、海藻の中のヒ素なんて屁でもありません!
 
あの雑誌の記事よりも自分の身体の反応の方が本当なのです!」


ひじきに含まれる微量なヒ素なんて、屁でもないそうです!笑

この情報は、ダイアモンドや女性誌、ヤフーニュースでも取り上げられていますから

私みたいに信じてしまう人も多いと思いますが、多少煽って書かれている。

Yahooニュースの内容はこちら。

じつは危険!食べ過ぎ注意!日本伝統の健康食としてお馴染みのお惣菜とは?

私もまんまと引っかかってしまいました(笑)

全ての情報が嘘ではなくて、海藻には微量なヒ素は含まれていること。

それを大量に取らなければ問題ないということ。

ひじき=発がん性がある=食べたら危険

というような短絡的な判断をするのではなく、

正しい知識と正しい判断をすることが大事だということです。

コメントをくれた友人は、食に関して詳しく実践して生活に取り入れている方々です。

文献などを元にネットニュースや週刊誌の記者の書いた記事を信じるのか?

実生活で、体のことを考え、真剣に食と健康について学び実践している知人たちの

ことを信じるのか?は、迷う余地はないですよね。

ちなみにYahooニュースには、こんな但し書きがありました。

『本原稿は、白澤卓二著『脳の毒を出す食事』からの抜粋です。』

そうです。抜粋でしかないんですよ。(この記事を批判するものではありません)

何かを判断するときの基準は、知識よりも実践しているかどうかです。

例えば、

子供に逆上がりができるように教えたい!と思って、

図書館で運動発生学の論文を読んだって、逆上がりの成功学の研究を学んだって、

指導法実践研究をしたって、論文を書いた教授を連れてきたとしても、

子供は逆上がりができるようにはなりません。

自らが体を使って実践して見せる。子供にコツを教えて実践させる。

実践に勝るものはないのです。

ネットやマスメディアの情報を鵜呑みにするのではなく、

正しい知識を得て、正しい判断をするためにも

これから益々、誰と繋がるかが大事になってきますね。

私の投稿に愛あるコメントくれた友人たちに感謝です。

 



 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

cotolis
cotolis
自分らしく輝く女性を応援するコトリス代表 関根貴代美です。
イベント企画運営、起業コンサル、セミナー講師をしています。
コトリスでは、笑顔になって生き生きと輝く女性を応援していきます。

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました