伝えたいことは何か?〜エヴァ第5講〜

昨日は、エクスマエヴァンジェリストコース第5講でした。
3月から始まったエヴァもあと1回の合宿を残すのみ。

辛い記憶には美しい物語が必要だった

 

アップルのマックに壁紙に選ばれたという北海道美瑛町の「青い池」
アップルに選ばれたことで世界中から観光客が押し寄せているそうです。

青い池は天然のものではないのだそう。
それにしても美しい。

この「青い池」にまつわるお話とラッセルのピアノの話から
始まったエヴァ第5講。

伝わる話し方とは?

 

◆シンプルに考える
◆伝えたいことは何か?
◆他の人の素晴らしい話から気づく
◆他の人の面白くない話から気づく
◆聴き方が話す力を磨く

 

伝わるプレゼンをするためには、なにごともシンプルに考えること。
10分しかなかったら何を伝えるか?と考えてみる。

他の人の素晴らしい話から気づく。
他の人の面白くない話から気づく。

なんでつまらないのかを考えてみると、
自分だったらこうするのにと考えることでアドバイスができるようになる。

聴くことが話すことに繋がる。
聴き方が話す力を磨くのだそうです。

免許更新時の講習ってつまらないですよね?

いつも違反者コースの藤村先生は(笑)
そのつまらない話を自分だったらどうするか?
話す順番を変えたり、こんな事例を入れたりするのにと考えながら、
メモをたくさん取りながら聴くのだそうです。

そうするとあっという間の2時間が過ぎ、話している教官も
真剣に話をしてくれるのだとか。

なるほど〜!と思ったので、
私もみんなの話をいつもよりも真剣に聴きました。

 

難しいと思うから難しい現実がやってくる

 

「今回のグループ分けは、神様が決めるからね。」

そうです。
アミダでグループと担当講師が決まりました。

なんども同じグループになってる人、初めてちゃんと聴く人。

熱い熱い短パン社長と口調は優しいけれど指摘は鋭いまちゃが担当講師。
厳しいご指摘がビシバシ入ります!

大人になってまでこんなにも真剣に こんなにも率直に
意見を言ってもらえるってもうないだろうな〜

人の話を真剣に聴くというのは、思ってる以上にエネルギーがいります。
限られた時間の中で、自分の伝えたい想いと聴く側の受け取りたいもの。

対象はエクスマセミナーを聴きにきた一般の方に
何か「お土産」となるものを持って帰ってもらうことを意識して
エクスマを学んで何がどう変わったのかを伝える。

あ〜それができないの。

エクスマに出会ってなかったら今の私はなかった。
これだけは確かなはずなのに、

いろいろアドバイス受けたことを「ちゃんと」やろうとすると
どんどん伝わらないものになっていく。

もっともっとシンプルに考えればいいのに、
ついつい難しく考えちゃう。

「難しいと思うから難しい現実がやってくるねん。簡単だと思えばええねん。」

懇親会でサポート講師のハッピーに言われたこと。

伝えたいことは何か?

「エクスマ塾に行けば、関根さんの内面が変わるよ。」
9年前のあの時、社長に言われた言葉。

社長とバトルして渋々行ったエクスマ塾だったけど、
確かにエクスマに行って、私の内面は変わった。

社長の言った通りだった。

行ってなかったら、きっと今頃どこかの会社で事務で働いていただろう。
家と会社の往復で、母として主婦としての人生で終わってたかも。

ワードプレスにすることなく、ずっとアメブロやってたかも(笑)

それが悪いことではない。
だけど私は、違う人生を選択した。

人生を変えた私のところに来てくれる人たちもまた人生を変えている。

それだけの影響力がある場所なんだ。

そこをシンプルに伝えたい。

ただそれだけなんだよね。

このブログ書いてて、ストンって腑に落ちた。

気づかせてくれたみんなの言葉がやけに胸に染みるよ。

コトリスメルマガの読者登録はこちらから

投稿者プロフィール

cotolis
cotolis
自分らしく輝く女性を応援するコトリス代表 関根貴代美です。
イベント企画運営、起業コンサル、セミナー講師をしています。
コトリスでは、笑顔になって生き生きと輝く女性を応援していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA