自分の言った言葉が心の中でリフレイン

思うこと

こんにちはコトリス関根です。

5月25日、緊急事態宣言が全国で解除されましたね。

1ヶ月と18日。

長かったのか短かったのか。

ロックダウンされた海外に比べて、比較的「自由」はあったように思います。

これからジワジワといろいろな現実が浮き彫りになるのでしょうね。

経済的ダメージを受けている方や、コロナで苦しんでいる方もいるので、

こんなことを言ったら不謹慎かもしれませんが、

私自身は、ライフスタイルを見つめ直す貴重な時間をプレゼント

されたような気がしています。

 

自粛期間中、運動不足を解消するためにほぼ毎日散歩に行っていました。

普段は、車で行く買い物を、てくてく歩いていく。

時には2時間かけて4駅分歩いてみたり、夕飯を終えてから夜歩いたり。

散歩していると五感が研ぎ澄まされます。

道沿いの小さな花をみつけたり、空を眺めたり、風を感じたり、

ツレと会話をする時間が爆発的に増えました。

今までだったら考えられない時間。

それまでの私たちには、そんなゆとりはなかったから。

お互いのゆとりの無さ、気持ちのすれ違い、コミュニケーション不足から

離婚にまで至ったわけですから、それを思うと信じられない程の

豊かで幸せな時間が舞い込んできたわけです。

自粛期間中は、私は自宅待機、ツレは時短勤務と変則的な休み。

コロナじゃなかったら何回旅行へ行けたんだろう?というくらいのゆとり時間。

実際、4月頭に計画していた静岡旅行は自粛になりましたが(泣)

父のお墓詣りを兼ねた2泊3日の旅行だったし、静岡に住む仲間とも

会う約束をしていたので、非常に残念でしたけどね。

 

「あ〜あの時、もっと勉強して投資をしたり、不動産を買っておけばよかった!」

ある日の夜の散歩で、

過去を振り返って何気なく言った自分の言葉が、心の中でなんども

リフレインしました。

あの時というのは、10年くらい前の私がバリバリ仕事していた時です。

ちょうど働き盛りの夫婦が共働きで働いてたわけですから貯金は溜まりました。

その時の私は「貯金が正解」だと思っていたので、投資なんて考えることはなく、

預金の残高が増えていくことに安心を覚えていました。

それよりも何よりも、私の意識は会社の中の人間関係に支配されていました。

あの人がどうのこうの、部長がどうの、会社がどうの。。。。。

一生懸命勉強して取った資格も、誰かに認められたいという思いから。

そうです。

私の大切な時間は、他人のことでギュウギュウだったのです。

どこにも「自分」がいなかった。。。

今思えば、とっても無駄な時間を過ごしてたな〜と思う。

嫌いな人、イヤな奴のことを四六時中考えてるのって超無駄です。

誰かに評価されたくて取った資格なんて何の役にも立たない。

もっと広い世界に目を向けて、未来の自分のために時間を使っていたら、

今の現実が変わっていたかもしれないんです。

「10年前に投資を始めていたら、相当資産が増えてたかもね。」

「マンションでも買っていたら、家賃収入があったかもしれないね」

「英語の勉強を始めていたら、今頃ペラペラだったかもね」

ツレは、

「そうだね、そうだね」と穏やかに聴いてくれました。

 

あ〜今の意識のまま10年前に戻りたい!

そうしたら、イヤな奴のことなんかで私の心も時間も占領させることなく、

未来に向けての準備をしただろう。

残念だな〜10年前の私!

小ちゃいな〜!自分!

一番イヤな奴はお前だよ!

自分の言った言葉は自分が一番聴いている。

もう、これからは他人に振り回されるのはやめよう。

これからの未来のために建設的なことをしていこう。

 

何気ない夜の散歩が、

過去の自分の過ちと大切なことに気づかせてくれたのです。

 

 

 

 

 

投稿者プロフィール

cotolis
cotolis
自分らしく輝く女性を応援するコトリス代表 関根貴代美です。
イベント企画運営、起業コンサル、セミナー講師をしています。
コトリスでは、笑顔になって生き生きと輝く女性を応援していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました