80歳の老婦人に学ぶ女性の生き方

今日は、ある女性の生き方についてお話ししますね。

2013年6月。
初秋のオーストラリアへ一人旅した時のこと。

オーストラリアのパースまで15時間の旅。

成田からシドニーまで10時間。
国内線に乗り換えてパースまで5時間。

初一人旅でもあり、英語ができない私はこの乗り換えに
ドキドキしていましたが、考えるより行動です。
意外と難なくできちゃいました!

当時、娘がパースに住んでいたので、行ってしまえば安心です。


美しいキングスパーク。

パースの街を娘に案内してもらいながら
2度目のオーストラリアを
満喫しました。

この帰りの飛行機で不思議な出会いがありました。

飛行機中央の4列シートの一番右端に座った私の隣りに
どう見ても日本人の老婦人が座りました。
どう見ても白人の若いイケメン男子と共に乗り込んできた老婦人。

座るや否や「どちらまで?」と声をかけてきました。

それから・・・
80歳だという老婦人の武勇伝が始まりました。

1年の半分くらいはハワイに住み、残りの半分は世界中を
旅しているという。

19歳のドイツ人のイケメン男子も旅行先で知り合い、
一緒に旅しているのだそう。
別の25歳のドイツ人彼氏の写真も見せてくれた!?

日本には仙台にマンションを持っているのだそう。
激安ツアーで世界中を回りながらの生活。
発展途上国の危険な国でヒッチハイクまでするのだとか。。。

この時点で凄い!けど、まだまだ老婦人の話しは続き、
ことあるごとに

「私は運がいいのよ」を連発!

「だから私と会ったあなたも運が良くなるわよ。」
と何度も言われたのです!?

「私は1回も結婚したことがないの」

そう言う彼女に、私の好奇心がムズムズ動き出し、聞いてみた。

「失礼ですけど、お若い時はどんなお仕事されていたんですか?」

「に・ち・ぎ・ん」

・・・!?

「日銀!?ですか?」

「そう。日銀に入ったのも運が良かったのよ。友達の付き添いで面接に行ったら私だけ受かってしまったの。だから私は運がいいの。」

ただ者ではないオーラ全開の老婦人でしたが、それはそれは
日本の高度経済成長期と共に活躍されたキャリアウーマン!

ただ運が良かっただけではない実力や才能もあったのだと思います。

「私は運がいいのよ」

「私と会ったあなたも運がよくなるわよ!」

この言葉を何度も臆することなく言えるってことは、
自分自身を信じていないとできないこと。

言われた方も悪い気はしません。
本当に運が良くなったような気になりました。

カッコいい!!

私もこんな風に人に言えるようになりたい!
イケメンのドイツ人を連れた白髪で少し腰の曲がった80歳の老婦人。

彼女の人生は、
自由と好奇心に溢れ、人生を謳歌しているように見えた。

そして、その生き方が周りに影響を与えている。

一期一会の私にも。

あれから5年経って、
確実にあの頃とは違う人生を歩んでいる私。

考え方も出会う人も、口にする言葉も違ってきている。

そう言えば・・・

「私のそばにいると幸せになれるよ」

「コトリスに来ると変化成長できるよ」

何人かの人に言ってるわっ!!!

うん。言ってるわっ! 笑

お茶会に参加してくれた方にも言われました。

「ちっちさんと話すと元気になる!」

「輝いてますね」

「コトリスに集まる人は質が高い」

「コトリスは文化人が多くて楽しい」

「だからまた来ちゃうんですよね」

嬉しいお言葉ありがとうございます♡

気付くと、5年前に出会った老婦人と同じようなっている。

楽しい 輝く 元気 運がいい

そんなキーワードを発信していると自ずとそうなるし、
そういう人が集まってくる。

成長したかったら、言葉と環境と付き合う人を変えること。

うまくいかない「今」を変えたかったら過去を変えるのではない。
「未来」を変えること。

時間は未来から現在に流れているから未来を先に変えれば、
「今」も変わるし、「過去」も変わる。

「私と会ったあなたは運が良くなる!」

こんな言葉を堂々と言えるようなカッコいい生き方していきたいと
思うのです。

コトリスメルマガの読者登録はこちらから

投稿者プロフィール

cotolis
cotolis
自分らしく輝く女性を応援するコトリス代表 関根貴代美です。
イベント企画運営、起業コンサル、セミナー講師をしています。
コトリスでは、笑顔になって生き生きと輝く女性を応援していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA