知らないって怖い!意識をチェンジしていくために

食と健康

こんにちはコトリス関根です。

先日、乗換駅の船橋で雑踏の中、ふわ〜っと倒れこむ男性の姿が

目の端に飛び込んできました。

酔っ払いかな〜?

変な人なのかな〜?と

一度は通り過ぎたんですが、

ん?

あの倒れ方は変だったぞ?と妙に気になり戻った私の目の前に広がった光景は、

胸を広げられた会社員風の30代くらいの男性がAEDで

電気ショックを受ける瞬間でした。

 

 

胸をはだけて倒れている男性が歩いたであろう床には

黄色い液体が流れ(たぶん失禁したのでしょう)

顔も体も血の気を失ったような陶器のように真っ白。

駅員さんが見守る中、たぶん乗客のひとりであろう女性が

心臓マッサージをしていました。

人だかりができていたし、私がいても何もできないし、

すぐその場を離れたので、その人が助かったのかどうかはわかりません。

想像するに大動脈解離とか心筋梗塞とか脳梗塞などの

血管系の病気だと思われます。

まだ若いのに・・・。

でも、かなり大きな体の人でした。

怖い!怖い!怖い!

若いから大丈夫!とか、

自分は大丈夫!とか過信してると、

ある日突然想像もしてないことが起こる。

明日は我が身。

健康って失ってみて初めてその大切さがわかります。

日本人は、お金のために健康を害してまで働き、

健康を取り戻すためにお金を使うという不思議な習性を持っています(苦笑)

「食と健康」についての情報格差も深刻で、

風邪や発熱で薬を飲むのが常識。

病気になったら病院へ行くのが当たり前。

インフルエンザは予防接種することが予防になる等の

薬や病気に関しての間違った知識。

食品添加物や加工食品の人体への影響など、知ってる人は知ってるけれど、

知らない人は全く知らないという状態が起こってます。

何が本当で何が嘘なのか。

私も正しいと思う情報は、SNS等でシェアをしているつもりですが、

どれだけの人が関心を持って見てくれているのかはわかりません。

「無知はリスク」

と言われるほど、知らないって怖いのです。

年金問題とか少子高齢化とか自然災害とか、

日本は問題山積みですが「食と健康」に関してもたくさん問題があるのです。

日本には、国民皆保険という制度があるので、

医療費も3割負担で済んでますが、

救急車もタダで乗れますが、

そのうち国民皆保険も破綻するでしょう。

だって、100歳まで生きる時代が来てるのです。

そうなったら自分の身は自分で守るしかない。

病気になってから治すのではなく、病気にならないように予防していく。

人間に備わった自然治癒力(自分で治す力)を高めていく。

意識のチェンジです!

そのために、各自が勉強して知識をつけていくしかありません。

益々、誰と繋がるかが重要になってきますよ。

すごく真面目な話になってしまいましたが、真実です。

健康に関する仕事をしている私はもうピリピリしています(笑)

 

ビューティフルハーモニー新年会では、コンセプトが美と食と健康。

そして、私からのオファを快諾してくれたスペシャルゲストは、

ご存知の方はご存知!

薬を使わない薬剤師として国を敵に回しても活動を

続けている宇田川久美子さん。

ベストセラー作家としても著名ですね。

今回、新年会に宇田川久美子さんをお招きして、食と健康のお話を

していただけることが決定しましたー!

この機会にぜひ「食と健康」の真実を知ってくださいね。

 

投稿者プロフィール

cotolis
cotolis
自分らしく輝く女性を応援するコトリス代表 関根貴代美です。
イベント企画運営、起業コンサル、セミナー講師をしています。
コトリスでは、笑顔になって生き生きと輝く女性を応援していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました