どうしてそんな人と知り合えるの?人脈の作り方2

 

ロバートハリスさんとグァテマラ行きます。

ハリスさんとは、この日が初対面でした(笑)

 

無知が最強のアイテム

 どうしてそんな人と知り合えるの?人脈の作り方 の続編です。

ある業界では有名で知る人ぞ知るっていう方を私は知らないことが多くて、

初対面でもふつ〜に接しちゃうんですよね。

その方のファンだったり、その方をリスペクトしている人は、

近づいたり、話したりするのが恐れ多いと遠慮しちゃうところを

私は知らないもんだからズカズカいっちゃう(笑)

かえってその方が相手も話しやすかったりするから

すぐ打ち解けちゃうんですよね。

そもそもどうしてそんな人と知り合えるの?というところでは、ご縁というしかなくて。

引き寄せちゃうんですよー(笑)

 

ご縁がご縁を繋いでいく

例えば、毎回好評のコトリスバーベキューは、銀座の高級天板焼き「朔月」の料理長が

食材の仕入れから仕込み、調理に至るまで全部やってくれます。(場所取りも)

A5ランクの山形牛の塊肉を焼いて、その場で切り分けてくれたり、牛寿司を握ってくれたり、

カツオをその場でさばいて、串焼きにしてくれたり、タケノコご飯も炊いてくれます。

アンコウの吊るし切りや、シェーカーを振ってカクテルを作ってくれたりと、

バーベキューのイメージからは程遠い、高級料理店にいるようです。

一度参加された方からは大絶賛で、

「どうしてそんな人と知り合えるの?」と言われました。

これもご縁を繋いでくれた方がいて、そのご縁をずっと繋げている感じです。

そして、コトリスで定期的に主催することにより、

BBQが大好きな料理長と、飲んだり食べたりが大好きな人たちを繋ぐ役目をしています。

 

出会いにつながる鍵

お花の資格を取って、お花の仕事をしたいと思って探していた時、

あるフラワー教室に履歴書と職務経歴書を送ったら、書類審査通って面接の日程が決まりました。

都内だったので、通勤がめんどくさいな〜と思って、面接をお断りしようとしたら、

「あなた一人に絞って、他の応募者全員断ったんで困ります」と言われて、採用されました。

その先生もお花業界では超有名なトップアーティストだったんです。

知らないって最強!笑

だから周りからどうしてそんな人と知り合えるの?と言われても、引き寄せてるとしか思えない。

ただ、ここで採用された理由は、

お花の資格を取っていたこと。

職務経歴書で様々な職種を経験し、苦労していることがに認められたこと。でした。(そこかい!?)

新しいことに常にチャレンジしてきたことが、出会いに繋がっています。

 

相手の記憶に残る行動をする

意識して行動してるわけではないのですが、

考えずに動いてしまうタイプの私は、アドバイスされたことをすぐやります。

95%の人は行動しないと言われている中で、目立ちます。

自分がアドバイスしたことをすぐやってくれたらそれは嬉しいじゃないですか。

だから次のアドバイスをしたくなる。

アドバイスされたらまた動く→報告、相談する→次のアドバイスがもらえる

こうして、応援される人になるんですね。

動いていれば失敗もたくさんありますけど、応援してくれる人も増えます。

こうして私は、イベント集客を3年間やってきました。

 

まとめ

どうしてそんな人と知り合えるの?の答えは、

1出会った人、起きた出来事に感謝する

2ご縁を大切にする

3自分をバージョンアップしておく

4新しいことにチャレンジする

5行動する

こんなところでしょうか?

一つでもなるほど!と思ったら、すぐやってみてくださいね。

木にしがみついてほとんどを寝て過ごすコアラの群れに、

一匹だけ走り回ってるコアラがいたら目立ちますよね?

そのコアラが転んだり、木から落っこちても応援したくなりますよね?

寝てるだけのコアラより断然おもしろいから注目されます。

(ちなみに動物占いで私はコアラ🐨です 笑)

人って動いてるものに注目し,応援したくなる習性があるようですよ!

失敗を恐れず行動してみてくださいね!

 

 

絶対叶っちゃう宝地図!大人気のため、あと1席だけ増席します!

隠れ家古民家カフェで2019年を語る宝地図ランチ会

 

コトリスメルマガ登録はこちらから

モテる人になるための自分磨き☆メルマガ

投稿者プロフィール

cotolis
cotolis
自分らしく輝く女性を応援するコトリス代表 関根貴代美です。
イベント企画運営、起業コンサル、セミナー講師をしています。
コトリスでは、笑顔になって生き生きと輝く女性を応援していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA